ほくろの基礎知識とは|治療方法などを調べてみよう

邪魔なほくろは施術で無かったことに

ほくろにおすすめな治療法

ほくろには比較的回復も早くて、傷跡が残りにくい炭酸ガスレーザーの治療法がおすすめでしょう。この治療法はほくろの他にもいぼやニキビ跡、シミ、そばかすにも非常に効果的なものになっています。

治療後のアフターケア

ほくろの治療を行なったあとはアフターケアが非常に重要になります。治療後の患部はなるべく紫外線に当たらないように予防を行ないましょう。また、処方された薬も用法と用量をしっかり守ることが大事です。

治療にベストな時期

ほくろを治療したいけどいつ受けようか迷っている人は紫外線の量が少ない秋から冬にかけて治療を行なうと良いでしょう。また、悪性のほくろの場合は見つけ次第、早急に皮膚科に行くことだ大切です。

病院の違いと特徴

ほくろの治療は主に皮膚科、形成外科、美容外科で行なうことが出来ます。この3つの病院は特徴などが異なりますので、ちゃんと把握して自分にあったところで受診しに行きましょう。

治療にかかる料金とは

ほくろを治療する際にかかる料金は主にレーザー治療で1回5000円程度と言われています。中には保険を適用することも出来ますので、しっかりと確認することが大事でしょう。

ほくろが出来る原因

医者

ほくろは誰しもが身体に出来てしまうものだと思います。このほくろは身体の色んなところに自然に出来てしまいます。そのため、予想外なところにほくろが出来てしまって、悩んでいる人もいるのではないでしょうか。そんなほくろですが、出来てしまう原因として一番言われているのが紫外線です。ですが、紫外線を浴び続けることによってほくろが出来てしまうわけではありません。紫外線を浴びたら体内でビタミンDを生成してしまいます。これは人の身体にとって非常に大切な事になります。ただ、紫外線を浴び続けてしまうと、個人差がありますが、ほくろなどが出来てしまう主な原因になってしまいます。その他にも、ほくろが出来てしまう原因として先天性と後天性があります。後天性タイプは傷などが原因によるもので、先天性タイプは遺伝などで受け継がれたほくろがあります。

ほくろにはタイプがありますが、このほくろが出来てしまう原因をしっかりと把握することで、後天性タイプなら事前に予防することが出来ますよ。できてしまう原因の1つとして紫外線があるので、なるべく紫外線に当たらないように努力することで予防することが出来ます。紫外線を防ぐ方法は色々とあります。なるべく肌を露出しない服装をすること、日焼け止めクリームを塗ること、外出時は日傘を持って紫外線をブロックすることなどを行なえば予防することが出来るでしょう。また、そのほかの防ぐ方法として、お肌に刺激を与えずに生活習慣を正しく治す必要もあります。これで、後天性タイプのほくろはある程度事前に防ぐことが出来ます。しかし、先天性タイプだと紫外線など関係なく勝手に出来てしまうので、完全に除去をしたい場合は美容外科などに行って専門的な治療を行なう必要があります。ほくろの治療は様々なメリットにもなることが出来ます。気になるほくろを治療で除去を行なえば、コンプレックスの解消やメイクの手間を省くことが出来ますよ。顔の目立つところにほくろがあるとそれをコンプレックスに抱く人もいるでしょう。ですが、ほくろを除去すると顔や印象などが大幅に変化するので、自分に自信を持てます。メイクもほくろで隠さずに済むので、気軽な気持ちで行なえるでしょう。