ほくろの基礎知識とは|治療方法などを調べてみよう

女性

病院の違いと特徴

ナース

ほくろ除去の治療などは主に皮膚科や形成外科、美容外科などの医療機関で行なうことが出来ます。なお、それぞれの診療科によってすすめる治療法や使用している機器に違いがあります。大きなほくろの場合だと、皮膚がんの可能性もあるので病理診断も行ってくれる皮膚科や形成外科の病院に主審するのがおすすめになっています。そこで、ほくろ治療のための病院選びのポイントを見てみましょう。

ほくろ治療を行っている病院の特徴などを把握して自分にあったところに受診をするのが一番と言えます。まず、皮膚科の特徴ですが、皮膚についての専門の医師が在籍しています。美容目的ではなく、ただ除去を行なう目的だと皮膚科に行くのが良いでしょう。また、皮膚科は保険適用がされるので比較的費用を抑えることが出来ます。あわせて、ほくろか皮膚がんかをちゃんと見極めてくれるので、病気か悩んでいる人はまず皮膚科で検査を受けることも出来ます。次に形成外科ですが、徹底的なほくろの治療はもちろんのこと除去後の傷跡などについても留意してくれるのが特徴になっています。顔にほくろがある場合や身体になるべく傷跡を残したくない女性の人は形成外科への受診がおすすめと言えるでしょう。除去後の傷跡をいかに綺麗に元通りに出来るかを重点的に見ているので、傷跡がちゃんと治りやすい傾向があります。そして最後に美容外科があります。肌を綺麗にすることが目的となっています。そのため、美容効果も得たい場合は美容外科に行くと良いでしょう。メスを使用しない治療になるため、回復期間を設けない場合がほとんどで気軽の治療を行なうやすいです。軽めのほくろなら、この美容外科で問題ないでしょう。

ほくろを治療してくれることも重要ですが、施術後のアフターケアについてもしっかりと考慮したほうが良いです。主に美容目的の美容外科の方がアフターケアは充実していると言われています。ほくろは治療後のケアをしっかりと行わないと再発のリスクもありますので、このアフターケアの充実も見てみると良いでしょう。施術後にも無料保証期間が付いていたり、カウンセリングによる相談も行えるところだと安心して通院できるでしょう。自分の目的に合わせて病院を選んでいきましょう。